naataaのブログ

iPhoneやPCから食べ物をレビュー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPadケース Switcheasy Canvas!


iPadケース Switcheasy Canvas!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote






今回はiPadケース Switcheasy Canvas!をレビュー!
url2.jpg
SwitchEasy CANVAS for the new iPad (2012) / iPad 2 プレアデスダイレクト限定品 Black
New iPadが出た直後はダントツで評判が良かったこのケース
iPadを装着したまま一回落としてしまったこともありレビューしてみます。


◆長所
・四隅で落とさないかぎり衝撃吸収はかなりのもの!ちょっとやそっとでは影響なし。
・デザインも中々。初期のものの中ではかなりの精度です。
・撥水機能は間違いなく◯ だけどそんなに必要かどうかなぁ?
・当たり前だけどオートスリープの動作◯


◆短所
・やっぱり重いケース。
・スタンドとしての昨日もついてくるのですがあまり良くありません。
角度によってはiPadがずり落ちてきます。
・縦向きで手に持ちながら使うのにはフタ部分が邪魔で使いづらい。
・マジックテープが強すぎ。しかもAmazonUSAのレビューによるとテープ部分がとれちゃった人もいるようで・・・。
IMG_7753.jpg


ちなみに最近屋外で1mの高さから落としたのですが・・・
ケース右上の部分が破損、んでiPadにも少しキズが・・・
iPadがそれなりの重さなのでしょうがないとはいえ、角で落とすと脆いです。
IMG_7752.jpg

また、自分はSu-Pen P150M-ASを使っていますがこの様にこのケースにはさんでいます。
IMG_7755.jpg
iPad/iPhone用スタイラスペン(タッチペン) Su-Pen P150M-AS (定価2,980円)


◆総評
随分とあっさりになってしまいましたがまぁまぁのケースです!
スライライズペンを使っているのでやっぱりペンが挟めるところがあればとおもったり。
もっと、多機能なのは他にもありますが「最低限の機能でというのでしたら」これで十分です。




スポンサーサイト

便利なポータブルスピーカー!BEHRINGER スピーカー EPA40


BEHRINGER スピーカー EPA40


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote






今回はBEHRINGER スピーカー EPA40をレビュー!
BEHRINGERは学生時代からお世話になっていました(笑)

EPA40はコンパクトなスピーカーです♪
behringer_epa40.jpg

BEHRINGER スピーカー EPA40
【送料無料キャンペーン中】BEHRINGER EPA40 EUROPORT

野外での定期的な小規模なイベントで使用出来るものを探していました。
条件としては・・・
1. ポータブルでできれば充電式
2. 野外で使うので騒音などに負けないぐらいの音量がでるもの ※これが特に難しかった・・・
3. できれば安く(10000円以内)
4. ラインイン端子付き(音楽を流すので)

この条件に合うものはヨドバシはビックカメラ、ヤマダ電機に行っても
中々ないんです・・・※当初はアイポッドドックスピーカーを考えていました。
となるとPAシステムの様に楽器類のものになると思ったところで見つけました。

◆スペック
■バッテリー8時間駆動
<INPUTS>
■MIC IN:6.3mmジャック(アンバランス)
■LINE IN:3.5mmジャック(アンバランス)
※ステレオミニで接続した場合、モノラルで再生されます。
behringer_epa40_5.jpg


<OUTPUT>
■出力:40W
■スピーカー:5インチ広域スピーカー

<マイク>
■タイプ:XM1800S ダイナミック型
■指向特性:スーパーカーディオイド
■ケーブル長:1mスパイラルケーブル

<システムデータ>
■電源:内蔵バッテリー
■バッテリータイプ:12V DC / 2600mAh
■充電時間:約4時間
■バッテリー駆動時間:最大8時間
■外部充電機器タイプ:18VDC / 3A
■電圧:100-240V 、 50/60Hz

<外形寸法/質量>
■外形寸法:約 180W×217H×284D mm
■質量:約 2.6 kg

ちなみにラインインとマイクは同時利用可能です♪
EPA40_fig1_XL.jpg

◆長所
このクラスではかなり安価
付属マイクがかなりいい!
コンパクトなのに60wとパワフル!
肩掛けでも使える
バッテリーはフル充電から8時間も持つ!


◆短所
バッテリーがなんとリチウムではなく鉛バッテリー!
なので車と一緒で定期的に使用・充電しないとバッテリーが上がっちゃうそうです!
バッテリーは二年くらいは持つそうなのですが、交換用バッテリーは2,500円します。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EEPA40BATTERY
あと、ちょっとプラボディはそんなに頑丈そうには見えません。


野外で使えるスピーカーをお探しの方はかなりオススメです!






安価なiPhone、iPad等のタッチディスプレイ用スタイライズペン(100円と280円)


iPhone、iPad等のタッチディスプレイ用スタイライズペン(100円と280円)をレビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote


スマホやタブレット端末で字や絵を描くにはあったほうがいいですよね!
※お金があればもっと高価なペンもレビューしたいですが・・・(^o^)



◆使用環境
iPad(3rd gen)4Gモデル
フィルムはSimplismのものを使用
アプリは7notes for iPad


◆まずは100円ローソンで売っているペン 結構人気のようですね♪

 売り切れていた店舗があるなど他の商品と比べて数が少なかったです。


・長所
とにかく安い(105円)
ペンが伸びる(7cm~10.5cm)
アルミでできているようです♪

・短所
iPadにはフィルムを張っているのですがそのせいか感度ははっきり言って悪い
正直使い物になるかどうかは微妙なところ。これだったら指のほうがイイ。

でもiPhoneだと(これも別会社だがフィルム貼ってます)けっこうヌルヌルに動きます。
どうやら相性によって変わるようです。ちなみにそのフィルムは350円。
iPhone 4S/4 光沢 液晶保護フィルム


次に・・・
エンジェルスマイルというブランドの( Amazonで買った)スタイライズペン

【送料無料】軽いタッチでスムーズに反応するiPad/iPhone/iPod/Galaxy タッチペン 青色 [エンジェルスマイルオリジナル商品]


・長所
安い(送料込みで280円)
重厚感があります。。

これはなかなかオススメです。
しっかりとペン先がヘコむぐらいの力を入れると
大体はしっかりと書くことができます!

・短所
ペン先がヘコむぐらい押し付けるので
ディスプレイに対して「カツカツ」いうんですけど
これフィルム無いとキズつきますよね・・・


これで280円ポッキリ!※発送料が無料
(関東のみ)


これはオススメです♪






Thinkpad X1 Carbon発表!


Lenovo Thinkpad X1 Carbon発売!


このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote






色々レビューとか日本未発売のガジェットを紹介したいのですが中々時間がなくて・・・
というわけで今日は私がほしいものLenovo Thinkpad X1 Carbonのご紹介。
なにせ私は根っからのThinkpadユーザーです。
※最初に買ったノートもThinkpadでした!兄はMac派のようですが!

今回発表になったX1 Carbonは・・・もう欲しくてたまらない。
14インチで18mmの薄さ!!
そして赤いトラックポイントは最高の操作性を保証!

仕事柄、どこへでもT410を持って行っているのですが
最近は分厚くてとにかく重く感じています。
そこでT430Uが発表した時はまぁ色々と不満点があるものの
(あまり高くない解像度とか、電源ボタン周りなど)欲しいなーと
思っていたんですがもうX1 Carbonしか考えられない(笑)

Engadgetにはあまりスペックが載ってなかったので
その他の英語サイトから引っ張って来ました。
発売は夏!楽しみ!!

http://www.slashgear.com/lenovo-thinkpad-x1-carbon-ultrabook-revealed-14228253/
http://www.lenovo.com/products/us/laptop/thinkpad/x-series/x1-carbon/
http://www.laptopreviews.com/lenovo-thinkpad-x1-carbon-introduced-a-14-screen-business-ultrabook-2012-05
http://notebooks.com/2012/05/14/thinkpad-x1-carbon-14-inch-ultrabook-for-business/

ディスプレイサイズ:14インチ
解像度:1600 x 900
CPU:Ivy Bridge
容量:SSD128GB or 256GB
音響:ドルビーホームシアターv4
充電:ラピッドチャージ方式を採用(30分で80%充電完了)
カメラ:720p
ポート類:SDカードリーダー×1、 USB 3.0×1, USB 2.0×1,、
     mini-DisplayPort×1、dual headphone/microphone jack.
その他:3G or 4Gモバイル使用可能
重量:1.36kg

Thinkpadの剛性の特長である、ロールケージをカーボン製にしたことで
軽量化したとレビューには載っていますね!
バッテリーは初代X1より長くもつとのこと!(X1で約5.8時間)

厚さもはiPhoneと変わらない・・・
http://www.ubergizmo.com/2012/05/lenovo-thinkpad-x1-carbon/lenovo-x1-carbon-12/

ディスプレイが180度以上曲がるぅぅ
http://www.ubergizmo.com/2012/05/lenovo-thinkpad-x1-carbon/lenovo-x1-carbon-02/

キーボードが光って暗いところでも安心♪
http://www.ubergizmo.com/2012/05/lenovo-thinkpad-x1-carbon/lenovo-x1-carbon-03/

ポートがたんねえよ!って人には”USB 3.0 dock”がとりつけられるそうです。
イーサーネット端子とかもついてます♪
http://www.theverge.com/2012/5/15/3021138/lenovo-announces-thinkpad-x1-carbon-calls-it-the-worlds-lightest-14

いやぁ・・・秋にはiPhone5もでるし・・・ううう




最強のiPhoneケース!Lifeproofレビュー

最強のiPhoneケース!Lifeproof
このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote

Lifeproofは今も使用しているケースです!これ以外のケースは考えられない!
実は2個目!
最初は1stGenをアメリカの公式サイトで買って壊れたので2ndGenを入手。
すぐに日本のサイトができて「おい!」って思ったのですが結果的には良かった。
なぜかは後述します。
Lifeproof.jpg
http://lifeproof.jp/
G2 LifeProof iPhone 4/4S Case 防水・防塵・耐衝撃ケース (ブラック)



イヤホンアダプターがめんどくさいと言われたりもしますが
自分はBluetoothイヤホンを使っているので全く問題無し!
iPhone4sはsiriもあるので相性はもっと良くなるんじゃないでしょうか。

■1stGenから2ndGenへの変更仕様

大きな違いはオフィシャルでも述べられているので省略しますが一つ気づいたのは、
ドックコネクターの内側がスポンジ状のものからゴム製のものに変更されています。
 →密閉度のアップ?

■半年間使った感想
◯メリット
 風呂、レジャーでも十分に使える。風呂に沈めても問題なし!
 他の防水ケースに比べて本当にスリム!
 何回も落としても本当に大丈夫!

✕デメリット
◆ドック蓋

ドック蓋の耐久性が低い。Amazonのレビューにもありましたがココが一番壊れる。
ドックは明らかに何回も開閉するところなので、ここが改善されない限りは自分の
iPhoneは、また水漏れすることになるでしょう(^_^;)
写真 (2)

ちなみにヘッドフォンの穴にもヒビが・・・
写真 (3)

◆ドック&ケーブル
純正のケーブルに近いものしか入らない仕様。
ケーブルはセリアのをヤスリで削ったものを暫く使っていたのですが
最近はダイソーで売られている100円ケーブルを仕様。

動作は純正のもの程よくないがオススメです。
ドックコネクターはオフィシャル推奨のものもありますが以下のもの動作未確認ですが候補にあげて良いと思います。
30pinスペーサー
CableJive dockStubz ドックステュブ

◆通話
1stGenは本当に相手の声が小さかった。2ndGenは改善されていると感じます。
十分相手の声が聞こえます。

◆写真・動画
1stGenを使用している時は仕事で動画と撮る機会があったのだが音声が殆ど拾えてなかった。ボリュームを上げても、ノイズも同時に大きくなるので実用的ではないと感じていました。マイク部とスピーカー部がカバーされているので仕方ないか・・・。2ndGenは改選されているのか未確認。

◆サポート
1stGen のケースは壊れてしまったのですが360 (+5) Clubに入っていたお陰で
新品と交換してもらいました。最後に日本のサイトでは360 (+5) Clubが実施されていないのでなんとも言えないんのですが結果的に満足です。
ただ、何度もサポートにはメールをしているのに「連絡ないけど?」ってメールが来ていたのは何だったのだろうか。
去年も「サポートが全くメール返していなくてごめんなさい」というメールがCEOから来てイヤホンアダプターが送られてきたりしました。まぁその時よりはましですが。





BackBeat GOのレビュー!ケーブルとドライバーのみの最強のBluetoothイヤホン!のレビュー!

BackBeat GOのレビュー!ケーブルとドライバーのみの最強のBluetoothイヤホン!のレビュー!
このエントリーをはてなブックマークに追加

Clip to Evernote





人生初めてのブログです!兄弟で更新していきますね♪
ここでは色々なガジェットネタを紹介したいと思います。
最初のブログは・・・BackBeat GO
コードとドライバー部のみのBluetoothイヤホン(^o^)
425558_176094482495175_100002838734444_243633_1608493194_n.jpg
BackBeat GO Bluetooth ワイヤレスヘッドセット【並行輸入品】


日本では公式には未発売!まだ情報も全然無いと思いますのでレビューしたいと思います。
注)この記事は2012年6月に発表したものです。9月6日に国内でも発売されることになりました!
【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ステレオヘッドセット BackBeat GO BACKBEATGO




AmazonUS等の海外サイトのレビューを参考にして購入に踏み切っているので
そこら辺も絡めて書き留めてみました。

結論から言うととってもイイです!ただ、並行輸入品の値段の価値があるのかは微妙!

■BackBeat GOスペック■
Bluetooth Ver2.1+EDR、対応プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP。
6mmネオジウムユニット。通話用マイク付き。
イヤホン部に充電用のMicroUSB端子。ケーブル部にリモコン。
連続再生:約4時間/通話時間は約4.5時間。
待受時間:約10日間。
重量:13g
Made in Malaysia(マレーシア)

□自分の環境
iPhone4(iOS5.01 Jailbreak済み)で使用。
Bluetooth自体は2ヶ月前からようやく使ってみる。
SONYのMW-600も持っています。

◆音質
音質はあまり良くわからないのですが音はなかなか良いです!
AmazonUSのレビューを見ていてもベースがスカスカと書かれているのですがそれはイヤーパッドが合っていないだけかと思います。ただうまく聞こえる耳の位置をみつけるのは少し難しいかも。また低音の量ですが低音好きの方には物足りない感じです。
高音はなかなか良く出ています。音場は広いです。まぁこれは好みですよね。イヤーパッドは大中小3種類あります。もっと音の良くなるイヤーパッドがあればベターかなぁ。
あと音量が明らかに小さい・・・。
6~7割のボリュームで良かったのが
8~9割にしないとダメ!これは明らかに✕



◆通話
全く問題なし!ハッキリ聞こえるし、マイクもいいです。ちなみにマイクはリモコン部分に入っています。

◆取り回し
ボックスレスなのでMW-600にも感じた煩わしさはありません!接触部が少ないのでタッチノイズも少なくなります。
荷物を持ちながらの移動だと本当に楽さがわかりますよ。自分はケーブルを後頭部にまわして使用しています。

◆フィット感
イヤーパッドは付属の一番大きなサイズを使用しています。フィット感は上々。ただちょっとキツイ。でもキツくしないとベース音がしょぼくなります。フィット感向上のためのスタビライザーが付属で付いているのですが効果はよくわかりません。

◆ペアリング&充電
ペアリング自体は簡単。
充電は右耳の側面を空けるとでてきます。Micro USBでの充電。充電しながらの使用はできないようです。
写真 (1)

◆リモコン
操作は簡単です。ただ曲の進む・戻るは2秒間の長押しなのですが、曲をサクサク飛ばすことはできません・・・。ここは2回押しとかで良いような・・・。

◆ケーブル
また、ボックスレスなのでほとんど絡まることが無いです。絡まっても構造上すぐに解けます。また、フラットケーブルという形状、ケーブルの質感も良い。

◆耐久性
良さそうです。フラットケーブルは見た感じ断線しにくそうです。本体もしっかりしています。AmazonUSのユーザーレビューをみてもランニングにも十分使用可能だそうです。


ということでまとめてみると・・・


◆良いところ
①軽い
②ボックスレス
③音質も通話も中々良い

◆悪いところ
①日本で未発売なのでなかなか購入できず。並行輸入品は1.8倍ほど高くなります。
※残念ながら、amazonUS、PlantronicsUSの公式サイトからも購入できません。(送り先が日本だと注文不可)
並行輸入だと大体15,000円ほどですが・・・。
まぁそこまでして買う価値はどうでしょう?


②iPhoneのアラームが本体で鳴っちゃいます。これはソニーのMW600でもそうなのでBluetoothの問題だとは思うのですが、通勤で電車に乗っていると知らずに鳴ったりするので非常に困ります・・・。

③再生・通話時間は4時間ほどということなのですがもう少し欲しい感じ。ただこれだけコンパクトなのでしょうがない。

④マルチペアリングができない。でも小さなこと。

⑤音量が明らかに小さい
これは結構困ります(。-_-。)

こんな感じでしょうか~。
日本ではamazonと楽天で並行輸入品のみ購入できるようです。



 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。